【優良】投資顧問&株情報サイトを裏分析/株的中.comの日記コンテンツ
【TMJ投資顧問】7/4利確 夢展望で株価8.2倍以上、代表「渡邉 誠二」の実力が垣間見える‥
【必勝投資マーケット】6/27利確 サイバーステップで株価20倍以上、驚異の上昇率‥その首謀者は「武富一久」
【投資顧問ベストプランナー】7/26利確 シンワアートで株価2.9倍以上、「本物のプロ」が数少ない勝ち組へと導く
【急騰ステーション】7/20利確 ビーマップで株価5.6倍以上、「会員の利益最優先」を実現する手口
【ジャパンインベストマスター】7/25利確 五洋インテックで株価4.6倍以上、凄みを感じる仕掛けに脱帽‥

 【優良】投資顧問&株情報サイトを裏分析/株的中.comの日記コンテンツ

http://xn--fiq764d69j.comタイトルロゴ

元外資系証券マン コロンブスの卵コラム

こんにちは、いつぞやの人間不信から脱却しつつあるコロンブスの卵です。

コロンブスの卵って誰?って思う方もいるかもしれませんが、この【優良】投資顧問&株情報サイトを裏分析(株的中.com)の管理人をやっている者です。初めての方、初めまして。

元々は趣味で始めた陰気な投資顧問サイト検証ブログが、このような綺麗なサイトにまで成長するとは…

以前のように日記(コラム)を毎日更新するのは流石に難しいのですが、自分のペースで気ままに更新しようと思っています。ブログ時代からの読者様、サイト開設に伴いご連絡の頻度は下がってしまいますが、これからも末永くご付き合いください。



2016年04月14日  

有機EL関連

本日の日経平均は529円高の16,911円と高値引けとなりました。直近で控えるG20中央銀行総裁会議での円高是正期待から円相場が落ち着きを取り戻し事をきっかけに、先物主導で一段高となりました。

まだ予断を許さない状況であることに変わりはありませんが、今回の円高は短命に終わり、遅かれ早かれ元のレンジ110-119円くらいに戻りそうですね。本日と昨日のショートカバーから景色がかわってきた感じもしますが、おそらく明日は重要イベント前恒例の様子見相場なんでしょうねぇ。

個別では有機EL関連で材料がありました。65型など5種類の有機ELテレビの新製品の発表、またiPhoneでも有機ELパネルが採用されるとの報道を受けて倉元(5216)平田機工(6258)などが物色されていました。この分野においては日本が技術的にかなり優れているらしいのでiPhoneで採用となれば、関連銘柄が日の目を見るときが来るのは間違いないところ。

お勧めは値動きの軽さでケミプロ化成(4960)、長期にじっくりでジャパンディスプレイ(6740)なんていいと思いました。



2016年04月13日  

あくまでもショートカバー

本日の日経平均は452円高の16,381円と続伸。前日の夜にサウジアラビアとロシアが原油増産凍結と一部報道で伝わるとWTIは大幅高、市況の改善が意識され円安に動いたこともプラスに働いた相場となりました。

昨日に続いてメガバンクなどの大型株が買われ、ナンバー2の辞任の話が出ているセブン&アイ(3382)や自社株買いを発表したイワキ(8095)も上昇しました。しかし、日経平均がテクニカル的に一目均衡表の基準線や雲の下限などに近づいており、本格的な底入れは目先に控える重要イベントを無事通過してからというところですかね。

今日までの上昇はあくまでも短期筋のショートカバーと考えましょう。個別では小野薬品工業(4528)が5連騰。ガン免疫薬「オプジーボ」の売り上げ見通し公表を受け証券会社の相次ぐレーティング引き上げ、今後株価はどこまで伸びるか楽しみですね。



2016年04月12日  

大型株見直しデー

本日の日経平均は177円高の15928円で取引を終えました。原油高が材料視されるものの、米国株安や1ドル107円台の円高が嫌気され売り先行で始まりましたが、その後は早い段階で上昇に転じ、上げ幅は一時200円を超える場面もみられましたね。

要因として、年初から売り先行姿勢だった海外勢のショートカバーや年金勢の買いが入った模様。先日から触れていたトヨタ(7203)が一段強含んだほか、新日鐵住金(5401)は原油の回復期待などで値上がり率7%台に拡大し三菱UFJ(8316)などのメガバンク、値がさのファナック(6954)なども大幅に上昇しました。小型株の多い新興市場は反落しましたので、今日は完全に大型株見直しデーということでした。

ただし今週に控えるビッグイベント次第なことに変わりはないので押し目を狙いつつも、押し目は慎重にですね。



2016年04月11日  

諦めるのは早い

本日の日経平均は70円安の15,751円。寄り付き直後こそ円高進行を嫌気し売られましたが、昼過ぎ頃から円高一服と共に徐々に下げ幅を縮める展開となりました。

ここ数週間、海外ファンド勢など短期筋による円買い・株指数先物の売りが散見されるようですが、日本の政策対応を睨んで下値では一気にショートカバーをしてくる可能性が高いです。14日のG20中央銀行総裁会議で米利上げの見通しが立ち、17日のOPEC会合で増産凍結からの原油高、これらの流れを見ての27日の日銀政策決定会合と、まだまだ上昇に向けての可能性は大いに残されていると考えています。
ここから検討すべきなのは明らかに売られ過ぎの大型株の押し目買い、もしくは技術力や今後の伸びしろがある企業です。例えば本日も大幅高でしたが、ジクソー(3914)モルフォ(3653)アイサンテクノロジー(4667)など、まだまだ諦めるのは早いですね。



2016年04月09日  

個別で見るしかない状況か

昨晩のFOMCの発表(利上げ回数4→2回、FF金利見通し引き下げなど)を受け、安心感からか日経は大幅高で始まりましたが、円高の進行で終値はまたしても17,000円割れ。東芝(6502)が損失隠ぺいの疑いでSECから調査を受けていることが暴落に繋がり、相場全体の足を引っ張った感もあります。IPOラッシュで盛り上がらなければならない状況ですがアカツキ(3932)がこんな状況では個別で見てくしかありませんね。

ということで今日の注目銘柄はダイフク(6383)です。言わずと知れた好業績銘柄で、活発化する電子商取引の影響で物流施設関連の需要が高まっており、連続最高益を達成しています。
またテクニカル的にも下値が堅くなってきましたから、今が仕込み時です。いずれにしても配当権利付きまでは、森(全体)でなく木(個別)を見るしかない状況ですね。



2016年04月08日  

コーポレートガバナンス

本日の日経平均は前日の円高進行により大幅安から始まりましたが、政府の口先介入からやや円安に動いたことを手掛かりに押し目買いが入り、終値71円高の15,821円となりました。

さて今日触れたいのは昨日に続いてセブン&アイ(3382)。16年2月期業績は最終利益が前の期比減益で着地したほか、コンビニの生みの親として名を馳せた鈴木会長が昨日の社長交代案が否決された責任をとり退任することを表明しましたが、コーポレートガバナンス(つまり経営者の暴走を株主や取締役会が制御すること)が機能していることや、株価が3月末からの大幅な調整による値ごろ感が出ていることを好感した買いが入りました。

しかしコーポレートガバナンスを材料にした買いは長続きしないことが多いので。。。好調の富士通ゼネラル(6755)と共に注視していきたいと思います。



2016年04月07日  

安いところ買うチャンスでしたね

本日の日経平均は8日ぶりの反発となる34円高の15,749円となりました。FOMC議事録がハト派的な内容だったことを受けて為替は108円台まで下落しましたが、底堅い展開となりました。

しかし、期待の政策面はというと管さんの口先介入だけだったので円高に歯止めがかからず、夜も嫌な予感がしますね。105円台くらいまであるかというところでしょうか。これだけ仕掛け的な売りが出ればどこかでショートカバーも入りそうなので、相変わらずの押し目目線でいようと思います。

個別ではそーせい(4565)を筆頭にバイオが猛威を振るっております。それにしても材料の尽きない銘柄ですね、そーせいって。そして本日最もお騒がせの銘柄はセブン&アイ(3382)でした。午前に社長交代かと速報が出た後一時9%の下落で日経の足を引っ張ったかと思えば、結局交代案否決で引けにかけては大きく買い戻し、安いところ拾えた人が羨ましいですね。



2016年04月06日  

落ち着きどころか

本日の日経平均株価は17円安の15,715円とアベノミクス相場では初の7日続落となりました。世界経済の先行き不安に加え、前日の海外市場でドル・円が1年5カ月ぶりの円高水準に振れたことが嫌気されました。

また週末の株価指数オプションの特別清算値(SQ)算出を意識した持ち高調整をあったようですね。ここ数日は前場が高く日中高値を付け、後場に急速に売られる展開が多いのですが、前場に買う傾向の強い年金基金(GPIF)の買いが海外勢の売りに負けている証拠ということでしょう。

しかし、ドル円が一時109円台までいった割りには底堅い動きでしたので、ここらが一旦落ち着きどころ。ドル円の行方の見解が大きく割れている今の状況ではやはり政策発動待ちですね。

ところで先日ご紹介した富士通ゼネラル(6755)はこの相場で4%の上昇!と力強い動きになっていますね。



2016年04月05日  

押し目買いを要検討2

本日も日経平均は390円安で15,732円と6日続落となり、約1か月半ぶりの16,000円割れとなりました。円高ドル安で輸出企業の日立(6501)などの主力どころが売られるのはしょうがないとしても、本来ドル安で相対的に上昇するはずの原油相場も大きく下落し商社株も売られていました。

まさにダブルパンチと言った状況で、原油に限って言えば増産凍結すら厳しいかもしれません。
そうなると、為替だけでも円安ドル高方向でないと日本株はさらなる下落も考えられます。本日も日銀や金融庁が幹部会合を開催し介入観測が出ていたように、市場の注目は政策面ですね。

ここしばらくは日本株を買う材料がないですから、海外勢の売り一巡と政策の発動を睨んでタイミングを見て押し目買いを検討しましょう。こうも立て続けに下げる状況では少々自信もなくなってきますがね。



2016年04月03日  

押し目買いを要検討

本日の日経平均株価は40円安の16,123円と5営業日続落となってしまいました。後場は上げ幅を広げて始まったのですが、直後に売られ始め、特に主力輸出株中心に売りが継続しました。その後の戻りも円高や企業業績の先行き懸念が続き、動くに動けない展開に。

それにしても先週末の雇用統計は非常に堅調だったので、本来ならば円安・株高に動くはずなんですがね。やはりイエレン議長の発言からも見えてくるのは、アメリカ経済さえ良ければ利上げするという事ではない!ということでしょう。しかし年内の利上げはほぼ不可避な事に変わりはありませんし、日銀の追加緩和もありそうな状況から考えれば再びの円安ドル高を想定しておくべきでしょうか。

ここ数日、自動車関連株は総じて軟調で特にトヨタ(7203)が年初来安値更新ということですから、目先の買う材料がないにしても、「押し目買い」は検討に値するかもしれませんよ。


 [1] [2] [3] [4] [5]

現在のページは「3」です。

サイトメニュー

ある意味、話題のサイトTOP3

悪徳マーク
1位

【株エヴァンジェリスト】

悪徳株情報サイトが勧めてきた投資顧問サイト。

Yahoo!ファイナンスにおける投資助言者「向後はるみ」の実力は素人レベル?

紹介元も含め、このままではとても信用できない

悪徳マーク
2位

【株プロフェット】

推奨銘柄を検証済み。

空売り推奨の根拠があまりにも安易過ぎ、投資助言のプロの仕事とは到底思えない

お金を払ってまで利用するサイトではない。

悪徳マーク
3位

【株マイスター】

2016年11月25日、関東財務局より行政処分を受けた。

以前より「株マイスターの黒い部分を徹底検証!」と称して検証を行っていたが“やっぱりな”という印象だ。

同じくブラックの株トラストの後継サイト。

皆様からの口コミ評価

必勝投資マーケット
stars9 (平均4.7 レビュー総数347件)

投資顧問ベストプランナー
stars9 (平均4.6 レビュー総数1156件)

TMJ投資顧問(トレンドマーケットジャパン)
stars9 (平均4.5 レビュー総数120件)

マスターズトレード投資顧問
stars4 (平均1.9 レビュー総数117件)

ミリオンストック投資顧問(Million Stock投資顧問)
stars3 (平均1.6 レビュー総数143件)

イー・キャピタル(e capital)
stars3 (平均1.6 レビュー総数157件)

最強!!株トレード投資顧問
stars3 (平均1.5 レビュー総数200件)

新生ジャパン投資
stars3 (平均1.7 レビュー総数190件)

トリプルエー投資顧問
stars3 (平均1.4 レビュー総数192件)


↑ PAGE TOP